コンプレックスを自信に変えたい|東京で美容整形を受けるなら

婦人

クリニックの選び方

東京には、流行に敏感で綺麗な女性がたくさん住んでいます。しかし、どんなに完璧に見える女性でも、その人なりのコンプレックスがあるものです。自分に合った美容整形クリニックを探すにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、クリニック選びのポイントを紹介します。

レディ

美容整形と治療の違いとは

美容整形が盛んに行われるようになった東京では、医療的な治療と美容整形の区別が曖昧になってきています。怪我や病気を治す治療を行う場合は、医療的な治療行為となり、コンプレックスを解消するため手術などは、美容整形に該当します。

医者

ほうれい線を効果的に改善

東京の美容整形クリニックでは、加齢によるコンプレックスも効果的に改善してくれます。若返りの施術として人気があるのは、ほうれい線の改善です。ほうれい線の改善では、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなど美容に良いとされる成分を顔に注入して、ほうれい線を集中的に改善していきます。

相談

美容整形のダウンタイム

東京の女性は、美意識が強く、美容整形後のダウンタイムを気にする方が多いようです。ダウンタイムには、4つの期間が存在します。ここでは、ダウンタイムの4つの期間の紹介と、その期間の過ごし方について紹介していきます。

美容整形の保険事情

カウンセリング

エラが張っている顔を治したい、二重まぶたになりたい、お腹周りの脂肪を落としたいなど、自分の顔や身体のパーツにコンプレックスを持っている方は、少なくありません。そのため、美容整形に興味があるという方が年々増えているようです。一昔前までは、美容整形が理解されない風潮がありましたが、近年では、コンプレックスが解消できる方法として広くしられています。しかし、美容整形は、保険診療では無いため、全額自己負担となってしまいます。保険診療とは、病気や怪我を治療しに病院に行った際、受付で保険証の提示を求められ、治療にかかる費用の7割を国が負担してくれる制度です。美容整形は、保険が適用されない自由診療となっています。きちんとした医療機関で、医療器具を用いて整形を行うので、保険が適用されると思っている方も多いと思います。しかし、美容整形は、通常の病気や怪我での治療とは異なり、審美を目的としている医療行為です。審美とは、見た目の改善や向上を目的とした治療の事で美容整形は、これに当たります。しかし、美容整形にも例外があり、保険診療となるケースが存在します。例えば、ほくろやイボ、アザの除去やワキガの治療、アトピー性の皮膚炎などがそれに該当します。しかし、一般的な美容整形と言えば、小顔の施術や二重まぶたの手術、シワやたるみ取り、脂肪吸引などとなるため、保険診療に該当しません。また、自由診療となると、各クリニックで治療にかかる費用を設定できるため、クリニックを選ぶ際は、しっかりとリサーチを行い、選ぶことが重要になります。

東京には、腕の良い美容整形クリニックが数多く存在しています。そのため、各部位のコンプレックスを解消するための施術メニューが充実しており、質の良い美容整形を受けることが可能です。クリニックを選ぶ際には、東京の美容整形相場をしっかりと下調べし、自分の望む治療方法があるクリニックを選ぶ様にしましょう。また、東京では、メスを使用しない治療を得意としているクリニックも多数存在します。そのため、東京で美容整形クリニックを探す際は、治療方法や費用を比較して施術に関する知識をある程度把握しておくことが重要です。理想の顔、理想の身体を手に入れるためにも、それらのリサーチをしっかりと行うようにして下さい。自分の顔や身体にコンプレックスがあるなら、この機会に東京のクリニックで美容整形を受けて自信を手に入れましょう。