コンプレックスを自信に変えたい|東京で美容整形を受けるなら

  1. ホーム
  2. 美容整形のダウンタイム

美容整形のダウンタイム

相談

美容整形には、ダウンタイムという言葉が付き物です。この、ダウンタイムとは、美容整形を行った後、腫れが引いて通常の生活に戻るまでの期間の事を指しています。東京に住んでいる女性は、美意識が高いので、このダウンタイムを気にして美容整形を受けようか悩んでいる人も多いでしょう。ダウンタイムの期間は大きく分けて4つあるといわれています。1つ目は、美容整形を受けた後の痛みです。この痛みは、美容整形の施術内容によって異なりますが、痛み止めが必要なものもあれば、さほど痛みを感じないものもあります。2つ目は、美容整形の後に出る腫れです。顔の整形の中でも、特にまぶたの整形は腫れによるダウンタイムが大きいと言われています。このダウンタイムは、美容整形を行う前にはイメージしにくく、ネックになる問題です。なので、施術を受ける前には必ず、カウンセリングを行い、施術後の腫れの程度や期間を確認しておきましょう。また、腫れが酷いようなら、外出を控えたり、人と会う予定を変更したり、などの調整をオススメします。3つ目は、内出血です。特に内出血が目立つ施術は脂肪吸引となっており、広い範囲に症状が現れます。ダウンタイムの期間は、1~2週間程度となっていますが、服で隠せる範囲であれば問題ないでしょう。また、顔の場合は、コンシーラーなどの化粧品を上手く使うことで、ダウンタイムの期間を短縮することができます。最後の4つ目は、美容整形を行う際の糸です。プチ整形と呼ばれる美容整形以外は、施術中に糸を使用するため、施術後に抜糸が必要となります。抜糸を行う場合の平均期間は、美容整形を行ってから平均5~7日後となっていますが、近年は溶ける糸で施術を行う事も多くなっているようです。その場合は、施術後の抜糸は不要となります。溶ける糸を使用した美容整形の場合、糸が溶けるために、平均して3~4週間程度の期間が必要です。そのため、抜糸が必要な施術よりもダウンタイムが延びてしまいます。ダウンタイムの期間は施術内容によって異なります。プチ整形などの難易度の低い美容整形は、ダウンタイムが短いので、東京で人気のある施術です。そのため、東京の美容整形クリニックでは、プチ整形などのダウンタイムが短い施術メニューが揃っています。しかし、このプチ整形は、持続性が無いため、定期的な施術が必要になります。東京に限らず美容整形では、施術の難易度が高ければ高いほど、ダウンタイムの期間が延びてしまうので、何らかの対策が必要となるでしょう。例えば、仕事や学校で一定期間の休みを取る、マスクを付けるなどの対策です。しかし、職業柄マスクが着用できない場合もあります。その場合は、無理せず休みを貰うようにして下さい。ダウンタイムは、綺麗に生まれ変わる為に必要な休息期間です。なので、仕事や学校で休みを取ったからと言って、カラオケやショッピング、居酒屋などで遊び回ってはいけません。大切なのは、身体を休息させることです。過度の疲労やアルコール、睡眠不足などは、ダウンタイムの天敵となり、その期間を長引かせてしまう原因にもなります。なので、ダウンタイム期間は、安静にし、自分自身をいたわるようにして下さい。